PX-M7050FP ビジネスインクジェット

By | 2014年12月14日
Pocket

会社のプリンタがレーザーからインクジェット複合機に変わりました。後ろに写っているので古いNECのプリンタ。

プリンタはエプソンのPX-M7050FP。会社のFAXも調子が悪かったので全部入りの機種にこの際変更。

さて、この機種、重たい。インクジェットなのに重たい。思ったより重たい。35kg。ひとりで設置は大変。

この機種を選んだ理由

  • 全部入り
  • FAXtoEmailの形式がPDF(TIFFはスマホの標準で見れない場合があるのでダメ)
  • A3出力ができる
  • 印刷速度もまあまあ。

というところで選んだが、ブラザーのプリンタもよく考えたらありかなあ、と。だってこの機種とぜんぜん価格違うし。

とりあえず、値段が高いのはネックですね。プリンタだけだったら8万ぐらいなので他の部分が16万。ちょっとぼりすぎ?。耐久性があるのでしょう。

で、なぜインクジェットを選んだか?気持ちはレーザーほしいけど、レーザーである理由はほとんどない。インクジェットで困る理由も見つからなかった。使ってみたいなのが1番だけどね。レーザープリンタはしばらくすると色むらが出てきてこれが結構面倒。それにドラムとかに傷がついたらそこがいっつも黒い点になるし。保守しないときちんと安定的に使えないというのが困る。捨てるときもドラムもトナーカートリッジも大きいし。インクジェットは経年劣化が薄くなることがあったりするとこまるなぁ、とも思ったけどうちの会社で5年後の書類は必要にないことがほとんどだし、ほとんどデジタルになっているから印刷すればいい。あとはけちけちで電気代が安い。本体代に比べれば電気代なんてたいしたことないのに。ペーパーレスの時代が来るのでプリンターはこれが最後になるんじゃないかと思ったりもする。プリンタの子守に手間をかけたくないというところが一番大きかったりする。
IMG_20141214_100930

セットアップは簡単。インク入れてPCにドライバ入れて終わり。Windowsとmacの両方から使えるので私のようにWindowsとmacの両方から使う人間にはもってこい。

使い出して困ったところ。これ、スキャンデータをDropboxとかに送ることできるんだけど、そのDropboxアカウントがひとつしか設定できない。

プリンタをEpson Connectに登録して使うんだけど、Epson Connectアカウントに1つしかDropboxアカウントを登録できないし、1台のプリンタを複数のEpson Connectに登録できない。結果、1プリンタ1Dropboxアカウントになってしまう。

ビジネスプリンタだから複数人で使うことが前提のはず。だったら、複数のDropboxアカウントに登録できないと一人しかスキャンtoクラウドを利用できないことになる。ここは改良の余地ありだね。

印字クオリティは、まあインクジェットです。Canonの安価な6色プリンタのほうが細かい文字のクオリティはいいですね。

インクジェットのいい点は、インクの交換が楽な点だろう。レーザーのようにトナーで汚れたりとかもしないし。女性でも簡単に交換できることがこれからは結構重要だったりする。道具ですから。ガッチャンガッチャンしないといけないのは古いですね。

PSプリンタとして使えるんで、デザインの仕上がり確認もこれからはやりやすくなって助かりますね。

ということで、導入してごそごそ設定して今日のところは印刷、FAXの送受信、スキャンするところまで確認完了。すべて正常動作。明日からはこれでがんばります。